日本語教師の資格

日本語教師の資格・検定・試験の詳細情報をお届けします。国際的・語学を活かす関連の資格をGETしちゃおう!

日本語教師

国内・海外の外国人に分かりやすく日本語を教える技術を習得
受験資格:
特に制限はない。
資格の特徴:
日本語教師になるには「(1)大学の日本語教育課程の修了者」「(2)日本語教育能力検定試験の合格者」「(3)日本語教師養成講座420時間コースの修了者」のいずれかの条件を満たす必要がある。海外、国内の多くの日本語学校が教師採用の条件として掲げる(3)の「420時間履修者」を養成講座修了後に認定。日本語教育の基礎となる文法・音声・文字表記・言語学・教授法・教育史・日本事情を学習後、実習で多国籍クラスを想定した教授法を学ぶ。初級クラスの文法導入からコースデザイン、教材・教具の使い方まで、指導技術全般を習得する。
試験時期:
資格取得の方法:
各認定スクールの420時間コースを修了する。KEC日本語学院には提携日本語学校もあり、また講座内容が実践に即しているため無試験で日本語教師として就職できる場合も。
資格開始年:
1998年
取得期間の目安:
6ヵ月〜1年
(KEC日本語学院の420時間コースを受講する場合)
「日本語教師」の講座・レッスンを探すならこちら
※「ケイコとマナブ.net」は、資格&仕事を目指せる講座の検索・資料請求・体験予約ができます。「日本語教師」の情報をGETしよう。

国際的・語学を活かすの資格一覧

ジャンルごとに資格を探す
注目の資格情報

資格関連の情報をPick up!資格を取って、大転身しちゃおう!
(更新日:2019年3月18日)

注目の資格Pick up!
作業療法士

各種作業を通して社会適応能力の回復をはかる

パターンメーキング技術検定試験

ファッション界で不可欠な技術を審査

介護福祉士

高齢者や身体の不自由な人に対して介護や指導を行う

ビジネスマナーインストラクター

ビジネスマナー教育を行う知識とスキルを認定

はり師・きゅう師

伝統的な東洋医学に基づく治療法の担い手

弁理士

特許や商標などの鑑定や手続きの代理を行う

公認スポーツ指導者

スポーツに関する適切なアドバイスをする役割を担う

情報処理技術者試験/ITサービスマネージャ試験

情報システムの安定的運用を行う専門技術者を認定

簿記検定試験

簿記会計を通じて経営管理能力を評価する

パーソナルカラー検定(R)

似合う色を提案する色彩の技能を検定する

日本語教師(国際的・語学を活かす)の資格・検定・試験情報なら「ISIZE資格」