小型船舶操縦士の資格

小型船舶操縦士の資格・検定・試験の詳細情報をお届けします。その他専門的な仕事・資格関連の資格をGETしちゃおう!

小型船舶操縦士

いわゆる「ボート免許」で、一定の船を操縦するのに必要
受験資格:
二級と二級(湖川小出力限定)、特殊の場合、15歳9ヵ月以上。
一級は17歳9ヵ月以上。
資格の特徴:
エンジンやモーターなどの動力を搭載した総トン数20トン未満または全長24m未満の船を操縦するのに必要な資格で、いわゆる「ボート免許」のこと。航行できる区域や操縦できる船舶の種類によって、「一級」「二級」「特殊」に分かれている。特殊は水上オートバイ専用で、ボートには乗れない。
試験時期:
一・二級の学科試験は週1回程度。
資格取得の方法:
スクールで学ぶ。二級と二級(湖川小出力限定)、特殊なら、3日以内で修了する。二級(湖川小出力限定)と特殊以外は実技試験を別の日に行う。
資格開始年:
1974年
取得期間の目安:
1週間〜20日程度
「小型船舶操縦士」の講座・レッスンを探すならこちら
※「ケイコとマナブ.net」は、資格&仕事を目指せる講座の検索・資料請求・体験予約ができます。「小型船舶操縦士」の情報をGETしよう。

その他専門的な仕事・資格の資格一覧

「小型船舶操縦士」以外の資格・検定・試験情報が探せます。その他専門的な仕事・資格関連の資格・検定・試験情報を取ろう!
ジャンルごとに資格を探す
注目の資格情報

資格関連の情報をPick up!資格を取って、大転身しちゃおう!
(更新日:2019年1月14日)

注目の資格Pick up!
介護食士

要介護者に適した食事づくりの専門家

ハワイアン ロミロミ セラピスト

「ハワイアンロミロミ」で全身を癒すプロのセラピストの資格

ドッグライフプランナー

犬の幸せな一生をサポートできる「犬の専門家」

社会福祉士

福祉に関する相談援助の専門職

公認スポーツ指導者

スポーツに関する適切なアドバイスをする役割を担う

商業施設士(Commercial Facility Specialist)

街づくりの担い手として商業施設をトータルにプランニング

福祉用具専門相談員

利用者に合った福祉用具の選定や相談を行う専門家

BATIC(国際会計検定)(R)

国際会計の理解力とスキルを測定する試験

保育士

女性の社会進出にともない、ニーズの高まる保育のプロ

銀行業務検定試験

年間受験応募者が約30万人の業界定番資格

小型船舶操縦士(その他専門的な仕事・資格)の資格・検定・試験情報なら「ISIZE資格」