消費生活アドバイザーの資格

消費生活アドバイザーの資格・検定・試験の詳細情報をお届けします。その他専門的な仕事・資格関連の資格をGETしちゃおう!

消費生活アドバイザー

消費者と企業や行政を結ぶパイプ役
受験資格:
受験資格は特にないが、試験合格後、認定されるには、実務経験があるか実務研修の受講が必要。
資格の特徴:
消費者の苦情相談に応じたり、ニーズを企業や行政に伝えていくのが消費生活アドバイザーだ。個人消費が低迷するなか、多様化する消費者ニーズをキャッチし、経営戦略、製品開発に役立てようとする企業でそのスキルを習得した人材が求められている。
試験時期:
毎年10月に1次試験が実施される。
資格取得の方法:
日本産業協会が主催、産業能率大学が実施する「消費生活知識基礎」や「小論文」などの通信講座(1年間)がある。夏期には全国各地でスクーリングも行われている。
資格開始年:
1980年
取得期間の目安:
1年
「消費生活アドバイザー」の講座・レッスンを探すならこちら
※「ケイコとマナブ.net」は、資格&仕事を目指せる講座の検索・資料請求・体験予約ができます。「消費生活アドバイザー」の情報をGETしよう。

その他専門的な仕事・資格の資格一覧

「消費生活アドバイザー」以外の資格・検定・試験情報が探せます。その他専門的な仕事・資格関連の資格・検定・試験情報を取ろう!
ジャンルごとに資格を探す
注目の資格情報

資格関連の情報をPick up!資格を取って、大転身しちゃおう!
(更新日:2018年10月15日)

注目の資格Pick up!
和裁技能士

和服の仕立てに必要な技能を国が公証

運動療法士

主に生活習慣病の人に向けて正しい運動処方を行うプロ

RHCE(Red Hat認定エンジニア)

実技・演習ベースの認定試験で実践力が身につく

PRプランナー資格認定制度

広報・PR業務に携わる人材の育成と技能向上をはかる

福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

高齢者や障害者の立場に立ってよりよい住環境をアドバイス

インドネシア語技能検定試験

日本で唯一のインドネシア語検定

実用タイ語検定試験(タイ検)

タイ語の文字の読み書きができなくても受験可能

簿記検定試験

簿記会計を通じて経営管理能力を評価する

福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

高齢者や障害者の立場に立ってよりよい住環境をアドバイス

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイターとしての高い技術力を証明する

消費生活アドバイザー(その他専門的な仕事・資格)の資格・検定・試験情報なら「ISIZE資格」