商業施設士(Commercial Facility Specialist)の資格

商業施設士(Commercial Facility Specialist)の資格・検定・試験の詳細情報をお届けします。インテリア・建築・雑貨関連の資格をGETしちゃおう!

商業施設士(Commercial Facility Specialist)

街づくりの担い手として商業施設をトータルにプランニング
受験資格:
学科試験は20歳以上。
構想表現(実技)試験は実務経験が必要だが、経験年数は最終学歴により異なる。
資格の特徴:
個人商店からショッピングモールにいたるまで、商業施設内の運営システム、装飾デザイン、ディスプレイなどを総合的に計画、工事監理を行うスペシャリスト。高齢社会やライフスタイルの多様化などによる消費者の生活意識を加味しながら安全で快適な商業施設をプランニング、魅力的な街づくりに貢献する。
試験時期:
年1回、7月に実施される。
資格取得の方法:
産能大が実施する通信講座や主催団体発行の参考書を活用するといい。通信講座の受講費用は1万7850円〜、受講期間は4ヵ月〜7ヵ月。主催団体実施の受験対策講座もある。
資格開始年:
2004年
取得期間の目安:
4ヵ月〜7ヵ月
通信講座
「商業施設士(Commercial Facility Specialist)」の講座・レッスンを探すならこちら
※「ケイコとマナブ.net」は、資格&仕事を目指せる講座の検索・資料請求・体験予約ができます。「商業施設士(Commercial Facility Specialist)」の情報をGETしよう。

インテリア・建築・雑貨の資格一覧

ジャンルごとに資格を探す
注目の資格情報

資格関連の情報をPick up!資格を取って、大転身しちゃおう!
(更新日:2019年3月18日)

注目の資格Pick up!
作業療法士

各種作業を通して社会適応能力の回復をはかる

パターンメーキング技術検定試験

ファッション界で不可欠な技術を審査

介護福祉士

高齢者や身体の不自由な人に対して介護や指導を行う

ビジネスマナーインストラクター

ビジネスマナー教育を行う知識とスキルを認定

はり師・きゅう師

伝統的な東洋医学に基づく治療法の担い手

弁理士

特許や商標などの鑑定や手続きの代理を行う

公認スポーツ指導者

スポーツに関する適切なアドバイスをする役割を担う

情報処理技術者試験/ITサービスマネージャ試験

情報システムの安定的運用を行う専門技術者を認定

簿記検定試験

簿記会計を通じて経営管理能力を評価する

パーソナルカラー検定(R)

似合う色を提案する色彩の技能を検定する

商業施設士(Commercial Facility Specialist)(インテリア・建築・雑貨)の資格・検定・試験情報なら「ISIZE資格」