中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
トヨタ オリジンのカタログ情報
カーセンサーラボ >  カタログ >  トヨタ >  オリジン

トヨタ オリジン

トヨタ オリジンのフルモデルチェンジ一覧

2000/11
2000/11

2000/11

2016/09

トヨタ オリジン(00年〜00年) トヨタ オリジン(00年〜00年) トヨタ オリジン(00年〜00年)

トヨタ オリジン(00年〜00年)

初代クラウンをリスペクトした限定車 トヨタの国内生産累計1億台達成を記念して作られた期間限定発売車。クラシカルなデザインは、初代クラウンをモチーフとしており、同じく初代クラウンの特徴でもあった観音開きドアも採用している。また外装塗装には漆塗りの技術などを取り入れたほか、内装にもクラフトマンシップが薫る本革シートや木目センタークラスターパネルなどを採用。その最上の質感を実現するために、センチュリーの生産ラインを使ったことも話題を呼んだ。クラシカルな雰囲気とは反対に、レーダークルーズコントロールやVSCといった当時の最先端装備を多数採用。エンジンは3Lの直6のみとなっている。(2000.11)

トヨタ オリジンと比較の多い車種

ポルシェ 911
トヨタ アベンシスワゴン

トヨタ関連のニュース

トヨタ オリジン 【プレイバック試乗記】 ※この記事はカーセンサー関東版35号(2000年9月21日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものですクラシカルなデザインが逆に新鮮。出来の良さも文句なし ↑穏やかに出る印象のロールと余裕のあるエンジンにより、ゆったりと走ることができる(左)大きくカーブしたリアウインドウは今の車にはないオリジンの個性だ(右)1999年の東京モーターショーに参考出品されたオリジンが発売された。初代クラウンを連想させるデザインで、前後のドアが観音開きになる点なども昔のクラウンのままだ。クラシカルなデザインだが、今の時代にはそれが逆に新鮮さを感じさせる部分でもある。[全文](2009/04/03)

TOYOTA、新型軽乗用車ピクシス ジョイを発売 ?3つの車両タイプに加え、多彩なカラーバリエーションを設定?
・3つの車両タイプ、ピクシス ジョイC(クロスオーバー)・ピクシス ジョイF(ファッション)・ピクシス ジョイS(スポーツ)に加え、多彩なカラーバリエーション*1を設定・最新のe:Sテクノロジー*2を[全文](2016/08/31)
トヨタ パッソ/ダイハツ ブーンは街中で快適に乗れる1台だ
▲写真はパッソ X。1.3Lエンジンが廃止され、1.0Lエンジンのみとなった。パッソ、ブーンともに115.02万円から狙えるお手頃な価格が魅力3代目パッソ/ブーンはダイハツが開発から生産までを担当[全文](2016/06/21)
TOYOTA、新型パッソを発売 ?広い室内空間、安定感のある走りを、魅力的な価格で実現?
【主な特長】・ゆとりある広い室内空間と取り回しの良さ・ボディの軽量高剛性化や足回りの強化などによる、フラットな乗り心地と安心感ある走り・小粋なデザインに一新するとともに、スマートかつ上質な装いの新グレ[全文](2016/04/12)