中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
ジープ チェロキーのカタログ情報
カーセンサーラボ >  カタログ >  ジープ >  チェロキー

ジープ チェロキー

ジープ チェロキーのフルモデルチェンジ一覧

1990/01
2001/09
2001/10
2008/05
2008/06
2014/03

1990/01

2014/09

ジープ チェロキー(08年〜14年) ジープ チェロキー(08年〜14年) ジープ チェロキー(08年〜14年)

ジープ チェロキー(08年〜14年)

走りも進化した“快適仕様”のジープ ジープブランドの代表的なミドルクラスSUVがチェロキー。ジープの象徴となる7本縦型スリットグリルが特徴的なフロントマスク、台形のフェンダーフレアや高いベルトラインをもつ、直線基調のスクエアな外観。室内も機能を優先しシンプルに仕上げられている。またオプションとして大きなキャンバスルーフで室内に開放感をもたらすスカイスライダーが用意された。オン/オフ共に走行性能がさらに進化。4WDシステムは車輪空転防止やセンサーの情報から最適なトルク配分を調節。作動中でもアクセルとブレーキでスピード調整ができるようになったHDC、トルクが2.72倍に増強されるローモードも装備した。また、ESPなども標準となる。(2008.5)

ジープ チェロキー(01年〜08年) ジープ チェロキー(01年〜08年) ジープ チェロキー(01年〜08年)

ジープ チェロキー(01年〜08年)

ウィリス以来の伝統を受け継ぐモデル チェロキーはジープのラインナップの中でも伝統的なモデルで、2001(H13)年9月のフルモデルチェンジで丸型ヘッドライトと縦型のグリルというジープ伝統のデザインを現代風に洗練させた上で復活させた。現行モデルは本国ではリバティという名前で販売されているが、日本ではチェロキーが十分に浸透していることから引き続きチェロキーを名乗っている。足回りは前輪がダブルウィッシュボーン式、後輪が5リンクコイル式に変更され格段に乗り心地が向上した。エンジンは3.7LのV6気筒SOHC。デュアルSRSエアバッグやABSなどの安全装備は全車に標準装備。(2001.10)

ジープ チェロキーと比較の多い車種

ジープ パトリオット
ジープ グランドチェロキー
フォード エスケープ

ジープ関連のニュース

ジープ チェロキー【ニューモデル試乗】(九島辰也) 個人的にジープを乗り継いできた立場から言わせてもらうと、新型チェロキーは新種のジープで、これまでの価値では測れない。なので、このスタイリングにビビッときた方が乗るべきだろう。そこはまさにイタリアンテイスト。アメリカとイタリアのコラボとなる。イタリアンに味付けされたアメリカンスピリットモノコックで復活したアメリカンSUV新型チェロキーについては前々から興味を抱いていた。はじめてその姿をナマで見たのは2012年の12月だったと思う。アーバンヒルにある本社のデザインルームだった。もっともそれはまだモックアップの状態で、エクステリアデザインしか出来上がっていなかったと記憶する。2度目のご対面は2013[全文](2014/06/16)

ジープ チェロキー【フルモデルチェンジ】
ラングラーと共にジープブランドの屋台骨を支えた看板モデル、チェロキーが6年ぶりに4代目へとモデルチェンジした。オフロード性能はそのままに、内外装を刷新9速ATを採用し、オン・オフを問わない走行性能を実[全文](2014/05/07)
ジープ グランドチェロキー (竹岡圭)【ニューモデル試乗】
一家に1台の場合、やはり女性がする毎日のお買い物には大きいんですよね、このサイズ。乗り降りもひと苦労です。燃費もねぇ…。でもオトコらしさの演出にはピッタリ。メインフィールドのアウトドアレジャーには大胆[全文](2013/12/09)
ジープ コンパス【新型車】
ジープの都会派シティクルーザー、前輪駆動のみで登場↑ジープブランドのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーのイメージを踏襲したシティ派SUVジープのエントリーモデルであり、日本市場でも活躍するパ[全文](2012/02/22)